〔副振動〕九州地方西岸で顕著な海面昇降 船舶などへの被害に注意を(2/21)

©株式会社レスキューナウ

21日01:00頃から、九州地方西岸で最大約130cmの顕著な海面昇降が観測されています。気象庁は、九州地方西岸で副振動が発生しているとして、「副振動に関する潮位情報」を発表し、船舶や海上係留物等への被害に注意するよう呼びかけています。

■海面昇降の状況〔福岡管区気象台〕
長崎県長崎  21日01:00頃から発生 海面昇降の高さ最大約130cm 約30分周期
鹿児島県枕崎 21日02:00頃から発生 海面昇降の高さ最大約90cm  約15分周期

◆用語解説「副振動」
湾や海峡などで発生する海面の振動現象。一般的には、台風や低気圧の通過および津波などにより発生した海面の変動が、湾内の固有振動と共鳴して発生する。通常の潮汐(干潮・満潮の変化)とは異なり、数分~数十分の短い周期で海面が変動し、湾や海峡の深さや大きさによっては変動幅がさらに増幅したり、変動が長い間続くこともある。急激な潮位の変動や激しい潮流によって港に係留された小型船舶の転覆や破損、定置網など係留物の流失などの被害をもたらすことがあるほか、沿岸の低地では海水が下水道を逆流して浸水被害をもたらすこともある。