カーリングOAR銅、返還の意向

スポーツ仲裁裁判所聴聞は中止

©一般社団法人共同通信社

OARのアレクサンドル・クルシェルニツキー選手=8日、韓国・江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪で、禁止物質メルドニウムが検出された「ロシアからの五輪選手(OAR)」のカーリング混合ダブルスの選手が銅メダルを返還する意向であることが22日、分かった。ロシアメディアがロシア・カーリング連盟広報担当者の話として伝えた。スポーツ仲裁裁判所(CAS)の反ドーピング部門が22日、聴聞する予定だったが、タス通信によると、同選手は声明で「無意味だ」として断る考えを示した。

 これを受けてCASは聴聞を中止すると発表した。22日中に同選手の扱いに関する決定を公表するとしている。