NINJAで日本文化発信

自民有志が議員連盟設立

©一般社団法人共同通信社

忍者の議員連盟に参加した国会議員ら=22日、国会

 自民党有志議員が22日、海外では「NINJA」として人気を集める忍者を通じ、日本文化を発信していこうと議員連盟を発足させ、設立総会を国会内で開いた。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、観光振興や地域経済の活性化を狙う。

 2月22日は「ニン、ニン、ニン」で忍者の日とされる。会長に就任した古屋圭司衆院議院運営委員長は総会で「日本の素晴らしい文化を世界に発信して、外国人に楽しんでもらおう」と訴えた。

 発起人には、川崎二郎元厚生労働相ら伊賀流忍者の里である三重県などと縁が深い議員が名を連ねた。総会には、忍者やくノ一(女忍者)に扮した若手議員も参加した。