著作物のネット利用を拡大

法改正案を閣議決定

©一般社団法人共同通信社

 政府は23日、インターネットでの著作物利用を拡大するための著作権法改正案を閣議決定した。書籍を電子データ化し、特定の言葉を含む文章をインターネットで検索できるようにするサービスを、著作権者の許諾なしでも可能にすることが柱。来年1月1日の施行を目指す。

 海外に検索サービスの提供会社はあるが、国内では著作物の無断複製を禁じた同法の規定で認められなかった。実現すればキーワードを含む書籍の一覧も表示され、必要な文献を探しやすくなる見込み。

 学校が教材として書籍や写真をネット経由で生徒に配る際に、補償金を窓口の団体に払えば著作権者の許諾を不要とする制度も盛り込む。