金貨の図柄、流鏑馬に「心技体」

東京五輪記念で発行

©一般社団法人共同通信社

2020年の東京五輪を記念し発行される1万円金貨の図柄。流鏑馬の絵柄と「心技体」の文字があしらわれる

 財務省は23日、2020年の東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣の第1次発行分として、1万円金貨など5種類の図柄を発表した。大会開催直前まで4回に分けて計30種類程度を発行する予定。五輪の金貨には流鏑馬の絵柄の横に「心技体」の文字をあしらった。

 発表したのは他に、千円銀貨2種類と100円銅貨2種類の図柄。金貨と銀貨は造幣局の通信販売で7月ごろ申し込みを受け付け、11月ごろから発送を始める。

 製造コストがかさむため、価格は額面1万円の金貨が12万円(発行枚数4万枚)、同千円の銀貨が9500円(2種類で計20万枚)とした。