門出彩る花「スイートピー」 出荷最盛期/茅ヶ崎市

茅ヶ崎市

©株式会社タウンニュース社

 『門出』の花言葉で卒業式シーズンに重宝されるスイートピー。茅ヶ崎市内の生産農家でも、出荷最盛期を迎えている。

 古知屋農園(赤羽根809)ではピンクや白色、紫色などの9品種を育てている=写真。主に市場に出荷し、自宅前の直売も実施。35年ほど前からスイートピーを出荷しているほか、初夏はヒマワリ、ジャガイモ、枝豆、冬にはブロッコリーなどの野菜も収穫している。

 同園の古知屋忠伸さん(39)は「寒い時期があり生育は少し遅れたが、陽射しが増えたことでしっかりとつぼみが膨らみ、順調に出荷できている」と話し、「スイートピーは花持ちが良いので、新鮮な花を買うと長く楽しめる」と続けた。

 市内では古知屋農園のほか、チャコ農園(赤羽根1065)、マルダイ農園(西久保1548)の計3農園で出荷用スイートピーを育てている。