防災は忘却との闘い 専門家講演、パネル討論

©株式会社宮崎日日新聞社

地震や津波、火山噴火から身を守るための方法などについて討論する原田教授(左)ら=23日午後、宮崎市民プラザ

 宮崎日日新聞社は23日、防災ワークショップ「災害犠牲ゼロキャンペーン『ソナウレ!~備えあれば憂いなし』」第6弾を宮崎市民プラザオルブライトホールで開いた。「地震・津波・火山から身を守る」をテーマに据え、宮崎大の原田隆典教授(65)ら県内外の専門家3人が講演したほか、住民を交えたパネルディスカッションも実施。災害について解説し、防災や減災の取り組みを模索した。