江戸後期の<江戸川事件>~それは「桜田門外の変」の導火線になった~

水戸藩と彦根藩の知られざる因縁

©株式会社新建新聞社

関宿城(千葉県野田市関宿町、提供:高崎氏)

御三家水戸藩などの横暴

私は、幕末関宿(せきやど)藩重臣で治水家の船橋随庵(ずいあん)の生涯に強く惹かれ、関連史料を調べたうえで、評伝を刊行した。同時に地元・千葉県野田市などの要請に応じて、水害に苦しむ民衆のために尽力した随庵の生きざまを「炎燃え尽きるまで」と題してドラマ化し2度にわたって上演した。10年ほど前のことで、会場は連日満員であった。

譜代藩・関宿藩(6万石)は利根川と江戸川が分派する水運の要衝にあった。随庵の生涯を調べるにつれて、2つの大河を上り下りする各藩の高瀬船の船頭や水夫らがたびたびけんか沙汰を起し、中でも水戸藩や彦根藩などの雄藩の船頭らが権勢を笠に着て傍若無人な振る舞いを重ねたことを知った。川の関所をかかえる小藩関宿藩は、彼らの暴力行為や横暴な振る舞いに悩まされ続けたのである。

文化8年(1811)に起きた<江戸川事件>は、利根川・江戸川水系で水上運送に従事しているものはもとより、水戸藩の士民の間の口の端(は)に後々になってものぼる忌まわしい事件であった。水戸藩から江戸藩邸に物資を送る手船(藩船)は、霞ケ浦から利根川をさかのぼって関宿から江戸川を下り隅田川に入って江戸表に到着する。川の関所をかかえる関宿は河岸問屋が軒を連ねた。川船はすべて川船奉行の統制下にあった。

だが御三家の一つ水戸藩の手船は例外で、米俵を積んだ大型船・高瀬船などが丸に水の藩船印(旗)を立てて自由に運航した。水戸領内の一般の船も丸に水の極印を打っていて特別な扱いを受けていた。同藩の手船は、特権意識が強く川を行き交う他の船に優越感を抱いて、かぶり物をとって敬意を示すよう要求することもしばしばだった。

利根川を利用する関東・東北諸藩の船も江戸川を経て物資を江戸川に運んでいたが、下野国佐野(現栃木県佐野市)などに飛地を持つ彦根藩(親藩、井伊家・35万石)の手船も物資輸送のためしきりに往来していた。水戸藩と彦根藩の手船の間に険悪な空気が生じるようになったのは、文化5年(1806)に起きた彦根藩と仙台藩の船との争いがきっかけであった。同年4月9日、仙台から鹿島灘を南下して銚子から利根川に入り江戸川を下って江戸に向かっていた仙台藩の船が、松戸(現千葉県松戸市)付近で彦根藩の船と接触した。船子同士のけんかとなり、仙台藩の船子(水夫)が彦根船に拉致された。

仙台藩の船頭は通りかかった水戸藩の手船に船子を戻してくれるよう頼み、水戸船の船頭が彦根船に強く掛け合い、取り戻してやった。この騒動に水戸の江戸藩邸から出張した藩士の態度が、御三家の権勢をあらわにした高圧的なものであったので、彦根藩の手船の船頭や水夫らは水戸船に深い恨みを抱くようになった。彦根船も、幕府溜間詰筆頭大名の井伊家の手船であるとの自負があって、水戸の商人の船を見かけると、故意に航行を妨げたりした。「かぶり物を取れ」などと命令口調で声をかけた。両藩の船乗りたちの間に殺気立った空気が濃くなった。

水戸藩と彦根藩の宿命的対立

文化8年(1809)4月18日、水戸藩の手船が江戸川で彦根藩の手船と行き合った。その折、彦根藩の手船の船頭が「かぶり物を取れ」と叫び、水戸藩の船子たちは、一時雇いの者たちであったのでかぶり物を取った。このことを知った水戸藩の手船関係者は、藩の誇りを傷つけられたとして激怒し、彦根船に報復すると息巻いた。水戸船の者たちが彦根藩の船に意趣返しをするとのうわさが江戸川筋一帯に広まり、彦根船の者たちも日頃からの恨みをはらす、と公言していた。

その年6月、江戸へ向かう10艘の水戸藩の手船が、利根川筋の下総相馬郡押付村(現茨城県利根町)の岸に着くと、松戸の船宿から「彦根藩の手船6艘が、水戸藩の手船と打ち合うため待ち伏せしている」との注進が入った。水戸藩手船の船頭は、早速、使いの者を上戸(現茨城県潮来市)の運送方役所へ急がせ「彦根の手船には多量の武器が積み込まれ、武芸者や博徒を乗せているとのうわさもあり、こちらは船頭や水夫ばかりなので、ご加勢を願う」と訴えた。上戸役所では、この願いを入れて水夫20人、目付方役人3人を派遣し、江戸の水戸藩にも急報した。

藩邸では直ちに小十人目付檜山又五郎、徒目付(かちめつけ)鈴木惣右衛門が同心目付、押役など15人を率いて江戸を発ち、利根川と江戸川を結ぶ関宿に急行した。押付村に停船している水戸藩の手船に使いの者を出して、関宿まで来るよう指示し、10艘の水戸船が関宿の河岸(河川港)に入った。それらの船に同心目付らが分乗し、小十人目付たちも別の1艘に乗り、6月19日に江戸川を下った。

彦根船6艘は、背後から襲う計画を立てていて、葦の中に潜んで水戸船をやり過ごした後、追ってきた。彦根船は下総葛飾郡中野村(現千葉県流山市)付近で追いつき、5艘は追い越して過ぎたが、最後の1艘が、先頭を行く水戸船に船を激しくぶつけた。同時に針金の入った鉢巻をし筋金入りの刺子に身を固めた4人の男が、彦根船から水戸船に白刃をかざして斬り込んだ。驚いた水戸船の水夫たち3人は、使っていた水棹(みさお)で抵抗したが、棹を斬りはらわれ、川に飛び込んだ。船頭は刀を手に応戦しようとしたが、彦根船から唐辛子入りの水を竜吐水(鉄砲水)で浴びせかけられ目がくらみ、乱入した彦根船の者に斬られて川に落ちた。斬り込んだ彦根船の4人は、素早く川へ飛び込んで逃げた。その後、水戸船の船頭と水夫の水死体が松戸の下流で発見された。

騒動の報告を受けた江戸の水戸藩邸は、目付・山口伝左衛門、先手(さきて)物頭・遠山織部を同心、目付ら143人とともに現地の中野村に急派した。また、彦根藩邸からも勘定奉行ら100人余りが派遣され、仙台藩から24人、幕府の代官浅岡彦四郎も手代とともに出張した。江戸川の船の通行は全面禁止となった。6月29日、幕府の勘定奉行の与力が江戸から出役し、江戸川の岸に停泊していた水戸、彦根両藩船をはじめ他の船にも退去を命じ川筋は平穏を取り戻した。

水戸藩主・徳川治紀(はるのり)は大いに怒り、家老中山備前守を通じて幕府に訴え出た。水戸藩の主張が入れられるようになり、非は彦根藩側にあることが明白になった。水戸藩主はこれまでの取り調べが不公平であると厳重に抗議した。幕府は彦根船の者4人を追放刑に処し、水戸船の者にも乗船禁止の判決をくだした。事件は落着した。だが彦根藩側が評定所での尋問で終始虚偽の申し立てをしたことで、水戸藩では彦根藩に対して不信感を募らせた。その後の彦根藩主井伊直弼の大老就任は、水戸藩士にその屈辱的な事件を思い起こさせ強い不快感を抱かせた。事件は井伊大老暗殺の「桜田門外の変」への導火線になったとされる。

天狗党が挙兵した筑波山(提供:高崎氏)

天狗党の挙兵と討伐

幕末、過激化する水戸藩の動きを地方史の視点でみてみよう。幕末の世相に激震を走らせたのが尊王攘夷急進派(以下尊攘派)の武装蜂起であった。血で血を洗う急進派の代表格が水戸天狗党である。「憂国の士」を自認する水戸藩・尊攘派急進グループの藤田小四郎(東湖の4男)、同藩町奉行・田丸稲之右衛門らは、幕府に攘夷の断行を促すため、藩内の尊攘派志士や神官・郷士・村役人らとともに、元治元年(1864)3月筑波山で挙兵した。内憂外患の機運を攘夷に一変させようとの企てだった。天狗党には、しかしながら長州藩などと異なって倒幕の意志はなかった。古くからの尊攘思想に動かされた武装集団であり、国粋主義を標榜する武力集団とも言える。

挙兵した天狗党は、同志を募りながら下野国(現栃木県)日光山に向かい、東照宮に参拝して大願成就を祈願しようとした。だが日光奉行に拒絶された。その後、太平山(栃木県栃木市)に立てこもり気勢を上げ、5月末再び筑波山に帰って陣を張った。この間、天狗党の一部は、宇都宮、桐生をはじめ下野国や上野国(現群馬県)の一帯で軍資金獲得を名目に、豪農や豪商を襲って略奪を繰り返した。放火・略奪の対象は一般の市民にも及び恐れた民衆は彼らを「天狗党」と呼び警戒した。

幕府は、武装集団鎮圧のために常陸国・下総国(現茨城県・千葉県)の諸大名に出兵を命じた。水戸藩では尊攘派と真っ向から対立してきた保守派の重臣層を中心とする反天狗党の諸生党が組織され、彼らも天狗党討伐に立ち上がった。天狗党家老・武田耕雲斎(こううんさい)らの急進派連合と幕府・諸藩兵・水戸諸生党の連合軍とが入り乱れた戦闘が、常陸国各地で半年近くも続いた。天狗党らの急進派連合軍は、武力に勝る討伐の軍勢をかわしつつ水戸の東の那珂湊に逃れ集まって来た。この地で、幕府・諸生党・佐倉藩などによる総攻撃を受け1000人余りの天狗党員が降伏した。

降伏に反対して追撃を逃れた残党800人ほどは、武田耕雲斎を総大将にしたて京都に向け西上を開始した。彼らは、京都に滞在中の禁裏守衛総督一橋慶喜(後の15代将軍)に、自分たちの尊王攘夷の意志を訴え、これを朝廷に伝達してもらい生死を朝廷にゆだねようと考えたのである。

各藩の藩兵と交戦を繰り返しながら、ようやく越前国(現福井県)に至った。だが頼みの綱の一橋慶喜は諸藩兵を率いて討伐に来ると聞き、12月ついに加賀藩に降伏した。翌慶応元年(1865)2月処罰が行われ355人が処刑されて、天狗党はここに壊滅した。

軍資金強要と広がる恐怖

下総・常陸両国の農民たちは天狗党挙兵に対する警備に参加したが、天狗党の強要に屈して金品を提供させられた例は枚挙にいとまがない。今日の柏市・我孫子市・流山市などにあった村々をはじめ、取手宿・藤代宿の村々でも富裕な層が馬や武器等の品々をはじめ合わせて1000両を超える金銭を差し出している(1両は約10万円)。村に闖入する天狗党に強奪される場合もあったが、強要する書状を受けっとって天狗党が陣を張る筑波山まで届ける場合が多かった。幕府や水戸諸生党などの連合軍の警備の網をかいくぐって襲ってくる天狗党員から村落の治安をどう守るか、被害を受けた場合の処理をどうするか、名主らは途方に暮れた。

治安が極度に悪化する中、村々では自衛策を講じるしかなかった。本来、領主と農民の関係は、領主に農民が年貢などを納める代わりに、領主が領地内の村々の秩序を守り保護することを前提として成り立っていた。藩が領地の秩序や治安を守り切れない事態になった。村々では自分たちの生命財産は自から手で守るしかなかったが、その手段はないに等しかった。

花野井村(現千葉県柏市)の豪農の松丸喜惣治や吉田甚左衛門(田中藩「勝手御用達」の名家)も多額の献金を命じられた。甚左衛門は商取引の上で深い関係になる柴崎村(現千葉県我孫子市)の名主・磯右衛門に筑波山への持参を依頼している。献金は300両であった。天狗党から出された受取には「この度、攘夷のため、水戸を始め列国の有志、筑波山へ屯致し、入費も多く拠なく借り受け申す処実正也」(原文のまま)とある。

磯右衛門は、金品を納める際天狗党員から最寄りの物持(富裕な者)の名前を上げるよう命じられ、これを強く拒んだ。刀を押し付けられたため自分の名前を言い、他人の名前を一切言わなかった。そのため、米15俵(4斗入り俵)と味噌1樽(16貫目)を「筑波山、御金役所御役人中様」に宛てて送らざるを得なくなる。米と味噌は青山村(現千葉県我孫子市)の利根川渡船場まで河岸出しされ、対岸の取手河岸問屋・藤九郎に渡され、そこから川舟で鬼怒川の宗道河岸(現茨城県下妻市)に荷揚げされ、河岸問屋新三郎の手を経て、筑波山にこもる天狗党に渡された。

利根川・鬼怒川とも天狗党が川舟を利用しないよう厳戒体制がとられていたにもかかわらず、実際は物資が天狗党に宛てて輸送されている。幕府などの警備体制は効果を上げていなかった。天狗党の刀剣を突きつける威圧は、献金の指名を受けた者、中でも富裕な者たちを恐怖に陥れていた。農民たちは天狗党警備に協力しながらも、強要されれば天狗党に献金せざるを得なかった。武力による威嚇の前には農民は裸同然の無力であった。昔も今も、武力集団の暴走ほど民衆を苦しめるものはない。
(参考文献:「桜田門外ノ変」(吉村昭)、拙書「開削決水の道を講ぜん、幕末の治水家船橋随庵」、筑波大学附属図書館史料、柏市・我孫子市・取手市などの「市史」、「茨城県史」)

(つづく)