28日(水)以降 全国的に大荒れ 関東は1日(木)朝に雨風強まる

©株式会社ウェザーマップ

 あす28日(水)~3月2日(金)頃にかけては、日本海で急速に発達する低気圧の影響で、北~西日本の広い範囲で風が強まり大荒れの天気となる。南風の影響で気温が上がるため、積雪の多い地域はなだれや、融雪による河川の増水に注意が必要となる。

 きょう27日午後は、東北地方を中心に雪の降る所があるが、そのほかの各地は広く晴れそうだ。東海から西日本は気温が15℃前後、九州南部は17℃前後と、3月中旬から下旬並みの暖かさとなる。ただし、穏やかな天気は長続きしない見込み。

天気は変わり目 西日本は強雨

 

あす28日(水)は、西から低気圧が近づく影響で、九州の早い所では昼前から雨が降り出す見込み。昼過ぎから夜にかけては、九州や四国の太平洋側を中心に、局地的に雷を伴い激しく降る所がありそうだ。西日本は朝から、北日本方面でも日中は気温が上がるため、積雪の多い地域はなだれや河川の増水に注意が必要となる。

3月1日 大荒れ地域広がる

 強い雨の範囲が、1日未明~明け方には西日本の太平洋側や東海地方、明け方~朝には関東地方へ移動する見込み。また、低気圧に近い日本海側にも、発達した雨雲がかかる可能性がある。

 このため、東日本は1日午前中を中心に、東北は昼過ぎにかけて、北海道は昼前~夜にかけて降水域が広がり、局地的に非常に激しい雨の降るおそれがある。首都圏は通勤・通学の時間帯と、強い雨のピークや強風が重なるおそれがある。各種交通機関への影響を考慮して、余裕を持った行動を心掛けたい。

 なお、上空の暖かな空気が北日本まで北上するため、北海道でも雪から雨に変わる地域があるが、北海道の内陸部は大雪のおそれもあるので注意が必要だ。日本海で発達する低気圧は、1日夜には北海道の西へ進む予想で、全国的に風が強く大荒れの天気が続く見込み。2日(金)は北日本を中心に冬型の気圧配置となり、北陸や北日本は風が強く、雪が降りやすい状態が続きそうだ。