石木ダムの問題点指摘 反対派が勉強会 東京

©株式会社長崎新聞社

 長崎県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設問題を巡る勉強会が1日、東京都内であり、地権者や支援者が反対の立場から事業の問題点を指摘した。

 市民団体と超党派国会議員でつくる公共事業チェック議員の会が開き約60人が参加。荒井聰会長は「いたずらに公共事業を増やすことは未来を暗くする」とあいさつした。

 地権者の姿を追ったドキュメンタリー映画を上映。付け替え道路工事で県が未明に抜き打ちで資機材を運び込んだ様子も映し出され、参加者は厳しい表情で見入った。制作した米アウトドア衣料品ブランド「パタゴニア」の辻井隆行日本支社長は「石木ダムは造っても造らなくても、今後の公共事業の在り方の分岐点になる」と話した。

 反対地権者の岩下和雄さんは、工事差し止めを求めた裁判の状況に触れ「負けるわけにはいかない。反対の意思を貫き運動を続けたい」。支援する「石木川まもり隊」の松本美智恵さんは「佐世保にとって喫緊の課題は水源開発ではなく漏水対策。石木ダムはいらない」と訴えた。

勉強会で石木ダム建設反対を訴える岩下さん=衆院第2議員会館