【MLB】元巨人マイコラス、3回6安打4失点でOP戦2連敗 2試合で防御率19.29

©株式会社Creative2

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

ブレーブス戦に先発も3回4失点で降板

 巨人からカージナルスに移籍したマイルズ・マイコラス投手が3日(日本時間4日)、ブレーブス戦でオープン戦2度目の先発登板に臨んだが、3回6安打4失点で2連敗を喫した。

 初回は2死からフリーマンに二塁打を浴びたが、後続を断って無失点で切り抜けた。しかし0-0の2回、マーケイキス、タッカーと安打を許すと、1死一、三塁からコローンに先制の3ランを被弾。3回もフリーマンに二塁打を浴びると、マーケイキスの適時打で1点を失った。

 マイコラスは4点ビハインドの状況で降板。チームは2-9で敗れ、右腕は2敗目となった。

 新天地でのデビュー戦となった前回登板のアストロズ戦では2回途中7安打6失点と炎上し、初黒星。今回も3回6安打4失点と課題が残る内容で、2登板を終えた時点で防御率は19.29となっている。

(Full-Count編集部)