知っているか…メッシとロナウドが未だ更新できない5つの記録

©株式会社コリー

『Sportskeeda』は23日、「リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドがまだ達成できない5つの記録」という記事を掲載した。

現在世界最高の選手と評価される2名。サッカーの歴史上でもこれほど素晴らしいプレーヤーが同時に存在したことはほとんどない。

しかしながら、彼らでもまだ手が届かない記録がある。その5項目とは何か?

ヨーロッパカップ戦決勝でのゴール記録:アルフレド・ディ・ステファノ

ロナウドとメッシはチャンピオンズリーグの歴史上最も多くゴールを決めた2名の選手である。

前者はこれまで117回ネットを揺らしており、後者はそれに続く98回のゴールを決めてきた。

しかしながら、レアル・マドリーのレジェンドであるアルフレド・ディ・ステファノは、まだ欧州カップ戦の決勝で最も多くゴールを決めた選手であり続けている。

5回の決勝戦で7回ゴールを決めている彼は、レアル・マドリーで5回連続の欧州王者にもなっている。

今、ロナウドは4ゴール。メッシは2ゴールだ。今季も記録が更新される可能性はあまり高くはない。

リーガ1試合でのゴール数:ラスロ・クバラ

リオネル・メッシは現在リーガ・エスパニョーラの歴史上最多ゴール記録を持っている男だ。403試合で369ゴールを決めた。

クリスティアーノ・ロナウドはそれに続いており、297試合で284回のゴールを決めてきた。

しかしながら、1試合で最も多くゴールを決めたのは彼らではない。メッシはバレンシア相手に4ゴール、ロナウドはエスパニョール相手に5ゴールを決めた。

だがバルセロナでプレーしていたラスロ・クバラは、ヒホンとの対戦で1試合7ゴールを決めたことがある。1952年のことだ。

ワールドカップでのゴール数:ミロスラフ・クローゼ

FIFAワールドカップのトロフィーは、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドにとって欠けているタイトルの一つだ。

メッシはアルゼンチン代表としては2008年のオリンピック、ロナウドはEURO2016のトロフィーを掲げているが、どちらも世界王者にはなっていない。

また、リオネル・メッシは2014年のワールドカップでゴールデンボールを獲得してはいるが、頂点には立てていない。

そして、ワールドカップでの得点数もメッシは5、ロナウドは3。ミロスラフ・クローゼはすでに16点を決めており、今年も更新される可能性は低い。

シーズン最多ゴール記録:フェレンツ・デアク

ロナウドとメッシは競争力を持つ選手で、試合において必要な物を全て兼ね備えている。

しかしながら、もちろんゴール前での強さは彼らの誇りである。メッシは4回、ロナウドは3回の得点王を獲得した。

前者は2011-12シーズンに50ゴール、後者は2014-15シーズンに48ゴールを記録している。

ところが、フェレンツ・デアクは1945-46シーズンのハンガリーリーグで66ゴールを決めており、遥か高い記録を持っている。

最多ハットトリック記録:ペレ

メッシとロナウドはハットトリックの回数でも素晴らしいものを記録している。

ロナウドはシーズンで3回のハットトリックを決めた唯一の選手であり、リーガでは32回達成している。メッシはそれに次ぐ28回だ。

また、全ての公式戦で考えた場合、ロナウドは49回、メッシは44回という記録が残っている。

しかしながら、彼らはペレに全く及ばない。全ての試合で92回のハットトリックを決めた彼には。

3回ワールドカップを制覇したペレは、歴史上最高の選手と広く知られている。もちろんこの記録もほぼ破られることはないだろう。