観光列車「かわせみ やませみ」1周年 人吉駅で記念出発式

©株式会社熊本日日新聞社

高澤亮吉駅長(左)と一緒に「かわせみ やませみ」の出発の合図をする地元の女将と園児たち=人吉市

 熊本-人吉を運行するJR九州(福岡市)の観光列車「かわせみ やませみ」が4日、運行開始から1周年を迎え、人吉駅で記念の出発式があった。

 人吉市の温泉旅館の女将[おかみ]でつくる「人吉温泉さくら会」や地元の青井幼稚園の園児らが参加した。高澤亮吉駅長の掛け声とともに、さくら会の有村政代会長、青井幼稚園年長の野田大虎[たいが]君と佐々木寧玖[しずく]さんが右手を挙げて出発を合図。園児や駅の職員らも、ホームから手を振って見送った。

 同社によると、2月末までに8万3848人が乗車し、乗車率は53%。高澤駅長は「人吉球磨の皆さんと一緒に走ってきた1年だった。これからも、地域の発展のために盛り上げていきたい」と話した。(松浦裕子)

あなたにおすすめ