ベルギー全土でヨウ素配布開始

福島原発事故後に対象拡大

ベルギー南部のティアンジュ原発=2017年6月(共同)

 【ブリュッセル共同】ベルギー政府は6日、原発事故に備え、甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の無料配布をほぼ全国で始めた。地元メディアが伝えた。原発20キロ圏の家庭には以前から配布していたが、東京電力福島第1原発事故後、配布対象の拡大を決めていた。

 ベルギーは北部ドールと南部ティアンジュの二つの原発に計7基の原子炉があり、配布対象は両原発から100キロ圏。同国は九州より面積が小さく、国内のほとんどが対象に含まれる。希望者は安定ヨウ素剤を薬局などで受け取る。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。