「広島→浦和」のように、主力選手の“流出“が続くJクラブの関係を探してみた

©株式会社コリー

ここ数年、サンフレッチェ広島は主力の多くを浦和レッズに奪われている。

2009年の柏木陽介に始まり、槙野智章や森脇良太、西川周作、石原直樹といった選手を毎年のように浦和に流出させており、「広島→浦和」はJリーグファンの間では最も有名な選手の流れとなっている。

ではこの「広島→浦和」のように、主力選手が相次いで流出するような関係性は他にあるのだろうか?

今回は編集部Sの独断でそうしたケースをいくつか紹介する。

1. 甲府 → 広島

流出した主な選手

・柏 好文(2014年)
・佐々木翔(2015年)
・稲垣 祥(2017年)

浦和に主力を奪われている印象のある広島だが、実は特定のいくつかのクラブから定数的に戦力を補強している。その相手先となるクラブの一つがヴァンフォーレ甲府だ。

J1王者として迎えた2014年、争奪戦を制して柏好文を獲得。柏はすぐさまフィットし主力となり、2015年のチャンピオンシップ第1戦では途中出場ながら1得点1アシストと大車輪の働きを見せた。

その後に加入した佐々木翔、稲垣祥もレギュラークラスに成長しており、今季も第1節で佐々木が長期離脱から復帰し、第2節では稲垣が決勝ゴールをあげている。

2. 徳島 → 広島

流出した主な選手

・柴崎 晃誠(2014年)
・ドウグラス(2015年)
・馬渡 和彰(2018年)
・渡 大生(2018年)

広島が強いパイプを持つのは甲府だけではない。瀬戸内海を挟んだ近隣のクラブ、徳島ヴォルティスもその一つだ。

2014年、徳島のJ1昇格に大きく貢献した柴崎晃誠を補強し中盤に厚みをもたらすと、翌年にはJ2で燻っていた印象のあるFWドウグラスを獲得。

33試合で21得点と得点ランキングで2位につける働きを見せ、チームのJ1制覇とクラブワールドカップでの躍進に尽力した。今季も広島は馬渡和彰、渡大生という2人の主力を広島から引き抜いている。

ちなみに、広島からは平繁龍一(2010年)や大崎淳矢(2013年)といったストライカーが徳島に渡っている。

3. 新潟 → 浦和

流出した主な選手

・エジミウソン(2008年)
・永田 充(2011年)
・マルシオ・リシャルデス(2011年)
・ラファエル・シルバ(2017年)

アルビレックス新潟から外国籍のアタッカーを相次いで補強しているのが浦和レッズだ。

2008年にはエジミウソンを、2011年にはマルシオ・リシャルデスを、2017年にはラファエル・シルバを獲得しているが、これらの選手は新潟でそれぞれチーム内得点王だった。

それゆえ、新潟のサポーターとしては浦和に対して特別強い意識を持っているかもしれないが、浦和には新潟から外国籍のFWを獲得したシーズンにはなぜか監督が解任になるという不思議なジンクスも…。

ちなみに、田中達也(2013年)や濱田水輝(2013年)、大谷幸輝(2017年)らは浦和から新潟に渡っている。

4. 湘南 → 浦和

流出した主な選手

・遠藤 航(2016年)
・菊池 大介(2017年)
・山田 直輝(2018年)

毎年のように主力選手を引き抜かれながらも、J2では昇格争いを演じ、J1でも他チームにも食らいついている印象のある湘南ベルマーレ。主力の放出先として多いのが浦和レッズだ。

2016年と2017年には菊池大介と遠藤航を連続で移籍し、さらに今年は期限付き移籍で3シーズンを過ごした山田直輝も手放すこととなった。

その一方で、浦和からは都築龍太(2010年)、坪井慶介(2015年)、梅崎司(2018年)といったベテラン選手を獲得している。