FC琉球、開幕へ燃える 11日、沖縄県総で富山戦

©株式会社琉球新報社

 サッカーJ3・FC琉球はリーグ開幕戦を11日午後2時から、ホームの沖縄県総合運動公園陸上競技場(沖縄市)で行い、カターレ富山と対戦する。琉球の金鍾成監督、MF富所悠、FW上門知樹が7日、那覇市の琉球新報社を訪れ、チーム最高6位で終えた昨季を振り返り、J2昇格への思いを語った。開幕戦は「沖縄市民デー」と銘打ち、沖縄市民は入場無料。

 昨季途中の9月に、是正通達付きでJ2ライセンスを交付された琉球。金監督は「今季は全てにおいて、やっとJリーグに加盟したという意識だ。やることがそのまま結果(J2昇格)につながる」と意欲を語った。

 主力選手が抜けたものの、元日本代表FW播戸竜二や藤枝MYFCで昨季13得点の枝本雄一郎が新加入した。富所は「それぞれの持ち味を出し、それがプラスに働けば、これまでとまた違ったいいチームができる」と前向きに語る。「経験豊富な選手が多く、勉強になる」とする上門は、播戸から「持ち味のシュートをもっと打っていった方がいい」との助言をもらったという。

 うるま市勝連出身の上門は公式戦初ゴールを狙う。「3年目で慣れてきたので、そろそろ結果を出さないと来年はない」と気を引き締める。富所は「けがをしてひと月プレーができない時期もあったが、復帰して新鮮な気持ちで競技に向き合えている」と心機一転で新シーズンに臨む。

  前売りA自由席は一般千円、当日1300円。中高生は500円。小学生は会場で「夢パス」の手続きをすれば無料。観覧者対象に那覇市内(県庁前、おもろまち)から県総合運動公園までの送迎バスも有料運行される。詳しくは球団ホームページhttp://fcryukyu.com/