大島僚太はココが見えてる!ACLでやった「ダイレクトパス」が素晴らしい

©株式会社コリー

7日(水)に行われたAFCチャンピオンズリーグのグループステージ第3節。

川崎フロンターレはメルボルン・ヴィクトリーと対戦するも、試合終了間際の失点でまたも白星を逃した。

川崎はメルボルンを相手に勝ち越しに二度成功するも、いずれも追いつかれ2-2のドローとなった。それでも、55分に生まれた二点目は若き司令塔のクールなパスから生まれた。

※01:30から

1-1で無開けた55分、右サイドでボールをキープしていたエウシーニョが中に折り返すと、大島僚太はこれをダイレクトでパス!

この時、ちょうど小林悠が相手DFの背後を取っておりボールがそこへ通ると、小林のグラウンダーに登里享平が合わせ、川崎が勝ち越し点をあげた。

小林の動き出しを見て、しっかりとスペースへとパスを出した大島。パスセンスと視野の広さを感じさせる高度なプレーであった。