「大変憂慮」と鉄鋼連盟会長

米輸入制限の影響精査へ

 日本鉄鋼連盟の進藤孝生会長(新日鉄住金社長)は9日、米国が鉄鋼輸入制限の発動を決定したことに対し「誠に遺憾だ」とするコメントを発表した。全世界の鉄鋼貿易に大きな影響を与え、各国の保護貿易的な対抗措置発動の引き金になりかねない点を「大変憂慮する」と懸念した。

 進藤会長は自由貿易体制について「世界経済の持続的発展の上で、極めて重要で維持すべきだ」と改めて主張。引き続き重要性を訴えつつ、輸入制限の影響を精査すると説明した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。