ラトックシステム、Googleアシスタント対応アプリの提供を開始

©株式会社新建新聞社

 ラトックシステム(大阪市浪速区)とソフトバンク コマース&サービス(東京都港区)は2月5日、ラトックシステム製スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」および「REX-WFIREX2」専用のGoogleアシスタント対応アプリの提供を開始した。

 スマート家電コントローラは、スマートフォンアプリからWi-Fi経由で家電を操作する製品。赤外線リモコンをスマホ1台にまとめられ、外出先から家電のリモート操作も可能。本体に搭載の温度・湿度・照度センサーで状況を確認しながら、帰宅前やペットのいる空間のエアコンを適切にコントロールできる。

 今回の最新アプリによって、スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」および「REX-WFIREX2」と「Google Home」などのGoogleアシスタント対応スマートスピーカーとの連携が可能となり、「OK Google、家電リモコンにつないで」と話しかけると、対話形式でテレビ、エアコン、照明の制御が可能な状態になる。