クイーン・エリザベスの運航発表

20年、小樽など5カ所に初寄港

©一般社団法人共同通信社

英キュナード・ラインの豪華客船「クイーン・エリザベス」

 英海運会社キュナード・ラインは9日、豪華客船「クイーン・エリザベス」が2020年に日本各地を周遊する運航コースを発表した。北海道の小樽、静岡県の清水、京都府の舞鶴、福岡県の博多、宮崎県の油津の5カ所に初めて寄港する。

 日本発着コースの運航期間は4月11日から5月15日にかけての延べ35日間で、過去最長。東京五輪・パラリンピックが開催される20年に向けて、海外で日本を訪れたいとの要望が強いことから日程を充実させた。

 20年の横浜発着コースの販売開始は今年7月2日の予定。代金はゴールデンウイーク8日間の場合、2人1室で1人当たり14万5千円(税抜き)から。