正恩氏「発射ないのでよく寝て」

ミサイル発射中断を強調

平壌の朝鮮労働党本館建物で開かれた夕食会に出席した金正恩氏(中央右)や韓国の特使団ら=5日(韓国大統領府提供・共同)

 【ソウル共同】もう夜中はぐっすり寝てもらって大丈夫―。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が5日に韓国の特使団と夕食を共にした際、昨年まで未明や早朝に弾道ミサイルを発射する度に韓国政府が国家安全保障会議(NSC)を開き対応に追われたことを挙げ、発射中断を決めたと強調し、文在寅大統領をたたき起こすことはこの先ないと話していたことが9日、分かった。

 韓国大統領府関係者が明らかにした。正恩氏はこの場で冗談も交え、座持ちのいい姿を見せたと既に伝えられていた。

 正恩氏は文氏との直通電話開設で合意したことにも触れ「電話で話せば簡単に解決だ」と言って笑ったという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む