首相「財務省を挙げて解明を」

森友文書の書き換え疑惑

©一般社団法人共同通信社

 安倍晋三首相は10日、森友学園問題を巡る決裁文書書き換え疑惑の真相究明に全力で当たる考えを示した上で「麻生太郎副総理兼財務相をはじめ、財務省を挙げて取り組んでほしい」と述べた。視察先の福島県葛尾村で記者団に語った。

 国有財産管理を統括する責任者だった佐川宣寿氏が国税庁長官を辞任したことに対する麻生氏の責任について記者団が見解を求めたが、直接的に答えなかった。首相は「佐川氏を含め、財務省は捜査当局に全面的に協力する(必要がある)」とした。同省による調査結果の提示時期は、来週早々との見通しも示した。