文氏の写真を容疑者扱い、トルコ

韓国大使館が抗議

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら
2月25日、トルコで放送された殺人事件を伝えるニュース。被害者の写真と共に、容疑者のように文在寅大統領の写真(左)が使われた(聯合=共同)

 【ソウル共同】トルコの人気娯楽チャンネルが、殺人事件のニュースで韓国の文在寅大統領の写真を容疑者のように放送し、現地の韓国大使館が謝罪と再発防止を要求した。チャンネル側は「大きなミスを犯した」と謝罪したが、経緯は不明。聯合ニュースが伝えた。

 ニュースは、クウェートでフィリピン国籍の家政婦が殺害され、1年以上たってから冷凍庫の中で見つかった殺人事件を報じた。容疑者とされる「クウェートの億万長者」として8回ほど文氏の写真が使われたという。

 同チャンネルはトルコ大手メディアグループの系列。謝罪放送はしておらず、現地在住の韓国人からは批判の声が出ている。

あなたにおすすめ