文氏の写真を容疑者扱い、トルコ

韓国大使館が抗議

2月25日、トルコで放送された殺人事件を伝えるニュース。被害者の写真と共に、容疑者のように文在寅大統領の写真(左)が使われた(聯合=共同)

 【ソウル共同】トルコの人気娯楽チャンネルが、殺人事件のニュースで韓国の文在寅大統領の写真を容疑者のように放送し、現地の韓国大使館が謝罪と再発防止を要求した。チャンネル側は「大きなミスを犯した」と謝罪したが、経緯は不明。聯合ニュースが伝えた。

 ニュースは、クウェートでフィリピン国籍の家政婦が殺害され、1年以上たってから冷凍庫の中で見つかった殺人事件を報じた。容疑者とされる「クウェートの億万長者」として8回ほど文氏の写真が使われたという。

 同チャンネルはトルコ大手メディアグループの系列。謝罪放送はしておらず、現地在住の韓国人からは批判の声が出ている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。