スペインでベンチより中国がいい!アザール、盟友の判断に…

『ESPN』は10日、「ベルギー代表MFエデン・アザールは、ヤニック・フェレイラ・カラスコが中国に移籍したことを擁護した」と報じた。

先日アトレティコ・マドリーから中国超級リーグの大連一方に移籍したカラスコ。

欧州で期待される若手選手が、ワールドカップを前にして中国に移籍する…その選択には各方面から疑問の声が上がっていた。

しかしアザールは以下のように話し、リーガでベンチに座っているよりも良い選択だと語ったとのこと。

エデン・アザール 僕はヤニックの頭の中は分からない。しかし、彼がアトレティコ・マドリーを離れたかったことは知っている。

おそらく、中国が選択できる唯一のオプションだったんだろう。

もし今シーズンの最後までアトレティコ・マドリーに残っていたら、彼は全くプレーすることが出来なかったはずだ。

中国では、間違いなく多くのプレー時間を得ることが出来る。

率直に言って、リーガ・エスパニョーラでベンチに座っているよりも、中国でプレー時間を得られる方がいいよ。

中国に行くことは馬鹿げた選択肢に見えるかもしれないが、彼には彼の理由があってやったことだ。間違いなくね。

僕はそこに何の問題もないと思うよ。代表チームに選ばれるためにはね。中国に行ったことは。

アクセル・ヴィツェルは数か月間そこでプレーしている。そして、彼はいつも代表に戻ってくるとベストを尽くしている。

ヤニックも、同じようなことになると思っているよ。

ワールドカップはあと3か月で始まる。短期間でサッカーのレベルが落ちることは考えにくい。ヤニックの移籍には何の問題もないよ。

大会までは長い道のりがあって、冬の移籍が我々のプランを変更させることはないさ。

©株式会社コリー

Curated by

mobcast

mobcast