ロアッソ連勝ならず 山形に1-2

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-山形】前半31分、熊本の皆川がボレーシュートを試みるも、相手DFに阻まれる=えがお健康スタジアム(高見伸)

 明治安田J2第3節は11日、各地で10試合を行った。ロアッソ熊本はえがお健康スタジアムで18位の山形に1-2で敗れ、ホームでの2連勝を逃した。通算成績1勝2敗で、順位は13位から16位に下がった。

 ロアッソは5-3-2の陣形で、前節と同じ先発メンバーで臨んだ。前半は、立ち上がりからワンタッチパスや右ウイングバック田中達也のドリブル突破などで何度も相手ゴールに迫り、シュート7本を放ったものの無得点。逆に38分、自陣から攻撃を展開しようとした際、ボールを奪われて先制を許した。

 ロアッソの攻勢は後半も続いた。13分、右サイドでつないだボールを田中がゴール左隅に決めて同点とし、その後も再三チャンスをつくった。だが得点につながらず、26分に相手のセットプレーで勝ち越し点を献上。終盤にFW安柄俊(アン・ビョンジュン)が好機で得点を逃すなど追いつけなかった。

 他会場では岐阜と山口、福岡、東京V、岡山、水戸、横浜FCが勝利。町田-甲府、新潟-京都は引き分けた。ロアッソは次戦の17日午後4時から、松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦する。(後藤幸樹)

(2018年3月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。