八丁味噌論争、国に意見書

愛知・岡崎市議会「調整を要望」

 愛知県岡崎市議会が、地元特産「八丁味噌」のブランド論争の解決に向けて、利害関係者の合意形成の「指導、調整を政府に強く要望する」との意見書を取りまとめることが12日、議会関係者への取材で分かった。特産品を守るのが狙いで、22日に採択し農林水産省などに提出する。

 愛知の代表的な豆みその八丁味噌は、昨年12月に国が地域の農林水産物をブランドとして守る地理的表示(GI)保護制度の対象に登録した。

 しかし岡崎市で伝統製法を守る「まるや八丁味噌」社と、「カクキュー」ブランドの「八丁味噌」社の2社が枠組みから漏れ、輸出先の欧州では「八丁味噌」が名乗れない恐れがある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS