タマホーム、住宅壁貫通型ポスト付き宅配ボックスを販売

©株式会社新建新聞社

 タマホーム(東京都港区)は、サッシ扉を通じて屋内で直接受け取りが可能な住宅壁貫通型(ビルトイン)ポスト付き宅配ボックスを自社の戸建て住宅向けに4月上旬から販売する。ナスタ(東京都港区)との協業によるもの。年間500個の販売を目標とする。

 同製品は、上部がポスト、下部が宅配ボックスの一体型。ポストは、厚み50mmまでのメール便と小型の荷物の複数受取に対応し、投入口には盗難に配慮した機構を備える。宅配ボックスは、みかん箱10kg相当(395×315×225mm)までのサイズの荷物の受取が可能。耐重量は30kg。

 また、同製品は屋内受け取り扉に樹脂製サッシ・ペアガラスを採用しており、屋内からガラス越しに配達物を確認できるとともに高気密・高断熱性能を実現。さらに、屋内(受取側)からのみ解除できるロック機構を搭載し、防犯性にも配慮。住宅壁貫通型(ビルトイン)のため、屋外に出ずに受け取ることができ、雨・雪の日や夜間の受け取りも安心して行える。

 カラーバリエーションは、ダークブラウン・ブラック・ライトグレーの3色を用意する。