パズル

©株式会社長崎新聞社

 さあ、始めよう。ジグソーパズルなんて久しぶりだ。ピースが多くて手こずりそうだけど。おっ、この「本件の特殊性」と「いい土地ですから、前に進めてください」は近くに収まりそうだ。あれ、この辺、けっこう分かりやすいぞ…▲パズルが出来上がったら、財務省が“なかったこと”にしたかった「絵」がきっと浮かび上がってくるはずだ。森友学園への国有地売却を巡る決裁文書書き換え問題で、同省が14の文書に書き換えがあったと認めた▲安倍昭恵首相夫人の名前や、昭恵夫人と学園の関係などの記述が削られた。書き換えは「理財局からの指示で、一部の職員によってなされた」と麻生太郎財務相。理財局長の国会答弁と決裁文書の整合性を図るためだったとされる▲麻生氏の説明通りだとしたら、財務省がなかったことにしようと試みたのは「国会答弁で、言うに言えなかった事情」でもあるのだろう▲思い出しておきたい。国有地の格安払い下げ問題が表面化したあの頃、安倍晋三首相は国会で「もし私や妻が関与していたら総理も議員も辞める」と啖呵(たんか)を切った。パズルの完成に欠かせない大切なピースだ▲安倍首相は沈痛な表情で語った。「なぜこんなことが起きたのか」。その答えは自身がよく知っているはずだ。そうでなければおかしい。(智)