将棋の藤井六段、最年少四冠王

記録1位独占は史上3人目

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
2月、朝日杯オープン戦本戦で優勝した藤井聡太六段=東京都内

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)が2017年度の記録全4部門(勝率、勝利数、対局数、連勝)の1位が確定、最年少「四冠王」となった。13日、日本将棋連盟が発表した。4部門1位独占は3人目で、日本中を沸かせた中学生がまた快挙を成し遂げた。

 17年度はこれまで70対局、59勝11敗で8割4分3厘、29連勝(16年度含む)で3月末まで数局を残し、1位が決まった。

 連盟によると過去、四冠王となったのは羽生善治二冠(47)と内藤国雄九段(78)。羽生二冠は4回達成しており、最初は1988年度、18歳が最年少記録だった。

あなたにおすすめ