両船の当直責任者を書類送検へ

静岡沖の米イージス艦事故で海保

コンテナ船との衝突で損傷した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドの右舷部分=2017年6月17日、静岡県下田市沖

 静岡県・伊豆半島沖で昨年6月、米海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突し、イージス艦の乗組員7人が死亡、3人が負傷した事故で、下田海上保安部は衝突回避措置を怠ったとして、業務上過失致死傷と過失往来危険の疑いで両船の当直責任者2人を15日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で13日、分かった。

 日米地位協定は公務中の犯罪は米側が1次裁判権を持つと規定しており、静岡地検は同協定などに基づき、イージス艦の担当者を不起訴処分にする見通し。コンテナ船側も過失の程度は低く、不起訴処分になるとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。