小林潤17位、葛西は18位

W杯ジャンプ男子第18戦

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は13日、リレハンメルで個人第18戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、日本勢は小林潤志郎が134.5メートル、124メートルの合計250.5点で17位となったのが最高だった。

 45歳の葛西紀明は134メートル、123.5メートルの248.9点で18位、小林陵侑は19位。2回とも140メートルを越えた平昌冬季五輪ラージヒル覇者のカミル・ストッフ(ポーランド)が306.4点で圧勝、今季6勝目、通算28勝目を挙げた。

 竹内択は上位30人による2回目に進めず36位だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。