サッカー、セビリアとローマ8強

欧州CL

マンチェスター・ユナイテッド戦で得点するセビリアのベンエデル(左)=マンチェスター(ゲッティ=共同)

 【マンチェスター(英国)共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日、英国のマンチェスターなどで決勝トーナメント1回戦第2戦の2試合が行われ、セビリア(スペイン)とローマ(イタリア)がベスト8に進出した。

 セビリアはアウェーでマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)を2―1で破り、2戦合計2―1で現行方式となって初めて準々決勝に進んだ。セビリアは後半に途中出場のベンエデルが2ゴールを決めた。

 ローマはホームでシャフタル・ドネツク(ウクライナ)を1―0で下した。2戦合計2―2となったが、アウェーゴールで上回って10季ぶりの8強入りを決めた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China