空飛ぶタクシー試験飛行

米ベンチャー、NZで

©一般社団法人共同通信社

米キティホークが試験飛行を始めた空飛ぶタクシー「CORA(コーラ)」(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米IT大手グーグルの共同創業者、ラリー・ペイジ氏が支援するベンチャー企業、キティホークは12日、空飛ぶタクシー「CORA(コーラ)」の試験飛行をニュージーランドで始めたと発表した。商用化の時期は未定。

 空飛ぶタクシーを巡っては米配車大手ウーバー・テクノロジーズも2023年に実用化する構想を明らかにしており、開発競争が激しくなりそうだ。

 コーラは主翼に計12のプロペラが付いており、ヘリコプターのように垂直に離陸し、飛行機のように水平に飛ぶ。滑走路が不要で、建物の屋上から離陸ができる。