韓国、李明博元大統領が検察出頭

収賄容疑、逮捕状請求も

14日、ソウル中央地検に出頭し、記者団の前で発言する韓国の李明博元大統領(共同)

 【ソウル共同】韓国の李明博元大統領は14日、大統領在職中の収賄容疑などで取り調べを受けるため、ソウル中央地検に出頭した。2008~13年に保守政権を率いた李氏は、革新系の文在寅政権下で保守陣営の弱体化を図った政治的捜査だと反発、容疑を全面的に否認している。韓国メディアによると、検察は収賄額が約110億ウォン(約11億円)に上るとみて捜査。早期に李氏の逮捕状を請求する公算が大きい。

 1987年改正の現行憲法下で検察に出頭を求められた大統領経験者は、全斗煥氏や昨年逮捕、起訴された朴槿恵氏を含め李氏で5人目。李氏は「言いたいことは多いが言葉を慎む」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。