300万円純銀やかん盗難、京都

工芸品販売店から男が持ち去り

 13日午後6時半ごろ、京都市中京区妙満寺前町の金属製工芸品販売店「清課堂」で、店頭に飾られていた純銀製のやかん(販売価格308万円)がなくなっているのに従業員が気付き、社長が110番した。防犯カメラに男が持ち去る姿が写っており、中京署が窃盗容疑で調べている。

 同署によると、13日午後5時40分ごろ、男が店内に入り、やかんを手に取って持ち出す姿が写っていた。店内に他に客はなく、従業員も店の奥にいて、閉店後に被害に気付いた。店によると、やかんは茶道用で、店内で最も高額な商品だった。

 男は帽子をかぶり、茶色のジャンパーに黒のズボン姿だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。