高齢者、障害者向けツーリズムを認定 長崎市創生プロジェクトに

©株式会社長崎新聞社

 ながさき福祉事業協同組合(里見浩則理事長)が4月から本格的に展開する「ユニバーサルツーリズム」が13日、長崎市の「長崎創生プロジェクト事業」に認定された。
 同ツーリズムは、高齢者や障害者が安心して快適に楽しめるよう配慮した旅行サービス。組合は昨年10月から、介護福祉士や看護師らが旅行に同行して介助する事業のモニターツアーを続けており、4月からは組合内に専門部署を設けて本格展開する。有料。
 プロジェクト事業への認定は今回で30件目。市はPR面で支援する。市役所で田上富久市長から認定書を受け取った里見理事長は「これまで旅行をあきらめていた人たちに組合のサービスを利用してほしい」と話した。

田上市長から認定書を受け取った里見理事長(左から3人目)=長崎市役所