「我々はユーヴェなのに」ブッフォン、フィオレンティーナファンに感謝

©株式会社コリー

今月初め、フィオレンティーナに所属していたイタリア代表DFダヴィデ・アストーリが遠征中のホテルで死去した。

まだ31歳という若さの選手が、突然心停止によってこの世を去るという事件は、サッカー界に衝撃を与えた。

その週末のセリエAはすべて延期されることになり、イタリア全土が喪に服すことになった。

彼の葬儀にはフィオレンティーナと激しいライバル関係を持つことで知られるユヴェントスの選手も出席。もちろん代表でのチームメイトだったブッフォンも訪れた。

セッラルンガ・ダルバのイベントに出席したブッフォンは、その時の模様について以下のように話し、フィオレンティーナのファンが歓迎してくれたことに感動したと明かした。

ジャンルイージ・ブッフォン (アストーリの葬儀に出席していたね?)

フィレンツェにユヴェントスの人間が行くのは、簡単ではないことなんだよ。

しかし、我々がアストーリに別れを告げるために到着した時、フィオレンティーナのファンが拍手をくれて、感謝を伝えてくれたんだ。

とても美しい瞬間だった。

我々の出席が、彼らの孤独を和らげることが出来たとすれば、それは誇りに思える。とても印象的な日だった。

最後の別れだった。偉大な友人というだけでなく、このスポーツで出会った中で最も美しい男とのね。

彼の思考と魂の純粋さを感じることが出来た。とても静かで、感謝を欠かさず、アイデンティティを失わない男だった。

ダヴィデという男も、彼が持つ大きな道徳性も知っていた。傑出した若者で、清涼剤のような人物だった。

彼の名前が人々に認識されたことは素晴らしい。ダヴィデはそれに値する存在だった」