石綿被害、個人事業主も救済対象

東京高裁、メーカー責任は認めず

「建設アスベスト訴訟」の控訴審判決後で勝訴し、「勝訴」の垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後、東京高裁前

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸って肺がんや中皮腫などになった首都圏の元労働者と遺族計354人が、国と建材メーカー42社に計約120億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は14日、原告327人に計約22億8147万円を支払うよう国に命じた。「一人親方」と呼ばれる個人事業主も救済対象とした。メーカーの責任は認めなかった。

 全国各地で起こされている「建設アスベスト訴訟」の判決は、ほぼ国の賠償責任を認めてきたが、企業などに雇われている労働者だけでなく一人親方への責任も認めた判決は初めて。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。