メルケル首相、4期目再選

ドイツ大連立政権発足へ

©一般社団法人共同通信社

 【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院、議席数709)は14日、昨年9月の総選挙で第1党を維持した保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の現職メルケル氏(63)を首相に再選し、第2党の中道左派、社会民主党(SPD)との大連立政権が発足した。メルケル氏は4期目の任期に入ったが、再選に必要な議会の過半数をわずかに上回るだけの薄氷の信任となった。

 CDU・CSUとSPDの議席数は計399議席。メルケル氏再選に賛成したのは全議員のうち364人にとどまり、両党から大量の造反者が出た。