鶴竜ら4連勝は5人に

豪栄、栃心は2敗目

鶴竜(右)が押し出しで荒鷲を下す=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所4日目(14日・エディオンアリーナ大阪)一人横綱の鶴竜は平幕荒鷲を一方的に押し出し、三役以上でただ一人の4連勝とした。

 両大関は高安が玉鷲をはたき込んで星を五分に戻したが、豪栄道は遠藤に突き落とされ、2敗目を喫した。

 両関脇は御嶽海が小結逸ノ城を押し出して3勝目を挙げた。逸ノ城は初黒星。先場所優勝の栃ノ心は貴景勝にはたき込まれ、2勝2敗となった。

 全勝は鶴竜に加え、松鳳山ら平幕4人の計5人となった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。