鶴竜ら4連勝は5人に

豪栄、栃心は2敗目

鶴竜(右)が押し出しで荒鷲を下す=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所4日目(14日・エディオンアリーナ大阪)一人横綱の鶴竜は平幕荒鷲を一方的に押し出し、三役以上でただ一人の4連勝とした。

 両大関は高安が玉鷲をはたき込んで星を五分に戻したが、豪栄道は遠藤に突き落とされ、2敗目を喫した。

 両関脇は御嶽海が小結逸ノ城を押し出して3勝目を挙げた。逸ノ城は初黒星。先場所優勝の栃ノ心は貴景勝にはたき込まれ、2勝2敗となった。

 全勝は鶴竜に加え、松鳳山ら平幕4人の計5人となった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China