津市、受注会社に賠償金負担請求

敗訴した労災事故訴訟で

 津市発注の道路工事を巡る労災事故訴訟で敗訴し、重傷を負った建設会社従業員の男性(52)に賠償金約9300万円を支払った市が、「事故の責任は、市ではなく会社側にある」と主張し、賠償金の全額を建設会社に負担するよう求めていたことが14日、市や会社側への取材で分かった。

 会社側は事故の責任を認め、賠償金の負担割合の話し合いを求めたが、市が応じる見込みがないため13日、津簡裁に民事調停を申し立てた。「裁判所は市の責任を認めており、会社に全額を求めるのは司法判断の軽視だ」と話している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る