平昌パラ、アルペンの鈴木4位

IHはノルウェーに敗れる

男子大回転座位で4位になり、取材に応じる鈴木猛史=平昌(共同)

 平昌冬季パラリンピック第6日(14日)アルペンスキー男子大回転座位は鈴木猛史(KYB)が4位、狩野亮(マルハン)が5位。滑降2位の森井大輝(トヨタ自動車)は1回目に転倒して途中棄権した。ノルディックスキー距離の男子スプリント・クラシカル立位で17歳の川除大輝(日立ソリューションズJSC)は準決勝で敗退し、9位だった。

 パラアイスホッケーの日本は5~8位決定予備戦でノルウェーに1―6で敗れ、16日の7、8位決定戦でスウェーデンと戦うことが決まった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。