警察出動服のデザイン一新

62年ぶり、視認性高く

©一般社団法人共同通信社

62年ぶりにデザインが一新される機動隊員の出動服=8日、警察庁

 警察庁は15日、災害や警備の活動時に機動隊員が着用する出動服のデザインを、62年ぶりに一新すると発表した。腕などに金色のラインを入れて視認性を高めるほか、女性用の小さなサイズも新たに取り入れた。4月1日以降、段階的に全国の約1万4千人分を更新していく。

 警察庁によると、出動服は1956年に様式が制定されてから、材質や機能面で変更はあったがデザインの大幅な更新はなかった。今回は生地を紺色から濃紺にしたほか、腕とももの部分に金色のラインを入れた。首を防護するため立て襟の機能を追加し、動きやすいようストレッチ性の高い素材に変更した。