JR八戸線のキハ40系、40年の運行に終止符

©株式会社東奥日報社

約40年にわたる営業運転を終えたJR八戸線の「キハ40系」。最後の雄姿を写真に収めようと多くの鉄道ファンらが集まった

 ありがとう「キハ40系」-。青森県八戸市-岩手県久慈間のJR八戸線で、市民の足として親しまれた車両・キハ40系が16日、約40年間の営業運転にピリオドを打った。八戸駅には多くの鉄道ファンらが詰め掛け、万感の思いを胸に去りゆく車両を見送った。

 JR東日本青森支店などによると、キハ40系が八戸線に導入されたのは1978年。白い車体に赤いラインが特徴で、種差海岸付近を走行する気動車として長年親しまれた。

 この日は「ありがとう八戸線キハ40系」として、八戸駅などでイベントを開催。ほぼ満席となった2両編成の列車が、午後2時24分に汽笛を鳴らして鮫駅へ向け発車すると、訪れた鉄道ファンらが名残惜しそうに見送った。

 最後の雄姿を写真に収めようと、久慈市から八戸駅を訪れた男性(63)は「窓から吹き込む潮風が心地よかった思い出がある。慣れ親しんだ列車の引退は寂しい」と感慨深げ。同駅の熊谷徹哉駅長は「40年もの間、市民の足として通勤や通学を支えてきた。キハ40系には『お疲れさま』と伝えたい」と語った。

 同区間では17日以降、新造車両の「キハE130系500代」が導入される。

【2018年3月16日(金)】