【タイ】清水銀とバンコク銀が提携、顧客の事業支援[金融]

©株式会社エヌ・エヌ・エー

NNA POWER ASIA PLUS

現地企業・市場の動向は?日系企業の進出は? ――日々のビジネスに欠かせない現地発の経済ビジネス情報を、国・地域や業種に絞って情報収集をしたい方にお勧めです。

無料トライアルはこちら
握手する清水銀の豊島勝一郎頭取(左)とバンコク銀の嶋村浩副頭取(清水銀行提供)

清水銀行は20日、タイの商業銀行バンコク銀行と金融サービスの提供などに関する業務提携を締結したと発表した。取引先企業のタイ事業を支援する。

2月15日に締結した。タイに進出している取引先企業の金融支援や、現地での預金口座開設、法律事務所や会計事務所などの紹介、現地の金融動向や税制などの情報提供で提携する。タイへの事業展開を検討している取引先企業への進出支援も行う。

清水銀は、昨年7月に初の海外事務所をバンコクに開設。静岡県からは製造業を中心に多くの企業が海外展開しており、東南アジアへの進出が増加しているという。

バンコク銀の総資産(昨年12月末時点)は約3兆バーツ(約10兆円)。タイ国内で1,190拠点、国外で32拠点を運営している。

あなたにおすすめ

Curated by

economy