大子産の販路拡大を 流通公社設立式典 重点品目に米や茶

©株式会社茨城新聞社

茨城新聞の電子書籍 第2弾

 常陸時代の佐竹氏を「後三年の役」から「国替え」まで節目ごとに取り上げ、当主の歴史的選択の背景に迫った。

お求めはこちらから
特産品の生産者らが販路拡大に期待する大子町特産品流通公社の設立式典=大子町矢田

地場産の農畜産物のブランド化、販路拡大に取り組む大子町特産品流通公社(愛称・グランだいご)の設立記念式典が20日、同町矢田の大子温泉・やみぞで開かれ、生産者など約90人が設立を祝うとともに、販売促進を期待した。

式典は公社理事長でもある綿引久男町長が「売り方が弱いと指摘を受けているので、特産品を一つの窓口で取り組もうと発足した。新たな特産品、パッケージ開発にも力を入れたい」とあいさつ。公社の理事やスタッフが紹介された。

藤田貴則専務理事は、設立までの経過を述べながら、取り扱う特産品の中で、重点品目に(1)米(2)茶(3)リンゴ(4)常陸大黒(5)コンニャク(6)シャモ、推進品目に(1)常陸牛(2)天然アユ(3)漆(4)コウゾ-を挙げ、新年度での取り組みを説明した。

公社設立を記念して、フードアナリストの藤原浩さんが講演。「大子町の食の魅力とその可能性」をテーマに語った。(蛭田稔)

あなたにおすすめ

Curated by

economy