米朝韓首脳3者会談の可能性

文大統領が初言及

韓国大統領府で開かれた南北首脳会談の準備委員会で発言する文在寅大統領(右)=21日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は21日、4月末の南北首脳会談に向けた準備委員会に出席し「(会談の)進展状況によっては、南北と米国の3者による首脳会談につながる可能性もある」と述べた。文氏が公式の場で米朝韓の首脳会談に言及するのは初めて。

 南北首脳会談と、米国側が5月末までに開く意向を示した米朝首脳会談の後、3者会談が開かれる可能性に触れた発言とみられる。米朝会談が板門店で開かれる場合、文氏が出席し3者会談とすることができるとの見方もある。

 文氏は会合で、南北や米朝の各首脳会談を経て「朝鮮半島の核、平和問題を完全に終わらせなければならない」と強調した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む