スノボ銀の平野選手がパレード

地元の新潟県村上市

凱旋パレードする平野歩夢選手=21日午後、新潟県村上市

 平昌冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで、2大会連続となる銀メダルを獲得した平野歩夢選手(19)が21日、地元の新潟県村上市で凱旋パレードした。

 平野選手は父英功さん(46)とオープンカーに乗り、市役所前からスタートして市中心部の1キロ余りを約1時間かけて進んだ。沿道には市民ら約1万5千人が集まり「歩夢くん、おめでとう」と祝福。平野選手は首に下げた銀メダルを掲げ、笑顔で手を振った。

 パレード後には村上市内のホールで報告会が開かれ、平野選手は「悔しさはあるが、まだまだ先があることを実感できた。見ている人に夢を与えられる選手でありたい」と語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む