カーリングLS北見がパレード

地元で1万2千人が快挙たたえる

地元の北海道北見市でパレードする、平昌冬季五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見の(右から)吉田夕梨花、藤沢五月、本橋麻里、鈴木夕湖、吉田知那美の各選手=21日午後

 平昌冬季五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見の選手5人が21日、地元の北海道北見市で祝賀パレードに参加した。快挙をたたえようと、市発表で約1万2千人が沿道に詰め掛け、選手らはトラックの荷台から笑顔で手を振って声援に応えた。

 五輪のカーリングでのメダル獲得は、日本勢で初めて。銅メダルを首に掛けた主将の本橋麻里選手(31)やスキップの藤沢五月選手(26)らが市中心部の商店街をトラックで移動。「おめでとう」と声を掛ける市民にメダルを掲げて見せた。

 その後、選手5人は市民会館で開かれた報告会に出席。辻直孝市長から市民特別栄誉賞を授与された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む