JOC、平昌「金」の佐藤を追加

「シンボルアスリート」入れ替え

 日本オリンピック委員会(JOC)は22日の理事会で、選手の肖像権を使ったマーケティング事業の柱に据える「シンボルアスリート」の入れ替えを報告し、チームとして契約するスピードスケート女子団体追い抜きに平昌冬季五輪の金メダルメンバーの佐藤綾乃(高崎健康福祉大)が加わった。代わりに押切美沙紀(富士急)が外れた。

 アスリート委員会の冬季大会枠の委員(定数2)にフィギュアスケートのペアで2014年ソチ五輪に出場した高橋成美(木下グループ)がただ1人立候補し、無投票で当選したことも報告された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る